新八代駅 駅の記念碑

囲まれていても周りの広場とほんとんど変わらないような軽いからから包んでくれる。

 

 
 
 

水平に広がる田園風景の中に新たな大きなスケルケの九州新幹線駅が建設された。その駅前広場のための小さなメモである。このモニュメントは壁と屋根といったまでもの普通の建物からカタチの人が中に入るモネメントである。そのため、遠くから見ると田園の中に散在する民家のうちのひつじのようにも見える、壁と屋根に開かれた無数の穴が認識される位置に近づいたためにかく、その表情は一変する。その壁と屋根はGRC(ガラス繊維補強コンクリート)でつくられており、通常の鉄筋コンセプトには比較壁の厚さが極端に薄くてきている。レース状の紙幣のは穴から日の光が降り注ぎ、囲われていても周りの広場とほっとんどどんなものがないような軽やかでで包んでくれます。

作品名

新八代駅前のモニュメント

建築面積

41.3㎡


所在地

熊本県八代市

延床面積

41.3㎡


主な用途

駅前広場モニュメント

最高高さ

6.3メール


規模/構造

GRC造り/地上1階

設計

乾久美子建築設計事務所(※スタッフ時に時事


敷地面積

施工

米本工務店