LOTUS SALON

完全な接続スペース

 

 
 

 

 このサロンの特徴は、お客様をプライベートにもてなすことのできる個室を中心に構成されているという点である。
その個室の問題点である閉鎖性や壁の圧迫感を解消するために、サークルを個室の単位として、全体をシームレスな連続空間とした。

さらにスタッフ同士の作業連係のため、カットスペースの壁高を1.4mとしたことで、座っているお客さまにとっては個室、立っているスタッフにとっては大空間となる。また、カットスペース以外のサークルの壁高はスロープによって変化し、レセプションデスク、待合いベンチ、カウンター、ディスプレイボードなど、個室とは異なり天板の機能や意味が変化していく。サークルの床と壁には、極めて白に近い薄い色のグラデーション塗装を施した。人は各サークル間の移動を通して初めて、自身を取り囲んでいた繊細な色を相対的に発見する。そのような繊細さがビューティサロンに独特のやさしい質を与えると考えた。

作品名

Lotus Beauty Salon

建築面積

330.7 ㎡


所在地

延床面積

626.4 ㎡


主要用途

美容室

最高高さ

4.1 m


規模/構造

S造 一部SRC造 /地上1階・地下1階

設計

NAP建築設計事務所


敷地面積

763.6 ㎡

施工

加納工務店