"K" COMMUNITY CENTER

瓦葺きの木漏れ日屋根

 

 
 

  森や茶畑に囲まれた土地の区画整理事業が進み、その新興住宅地域のためのコミュニティーセンターである。
地域の方々に愛される建物にするためには部屋の機能を特定するよりも、人々の集まり方を自由にしておくことである。様々な集まり方を光の様々な状態の下で喚起される建築を瓦とガラス瓦の市松模様に葺いた屋根によって、作り出している。三角屋根の下、太陽高度、部屋の場所、屋根の角度、その日の天気などによって、内部の光の状態が変わっていく。そうして、この屋根は木々の木漏れ日のような溢れる光と影に人々を包み、その開放感の下で人々に様々な集まり方や活動を喚起する三角屋根となっている。

作品名

K community center

建築面積

--


所在地

静岡県西部

延床面積

--


主要用途

Community Facilities

最高高さ

--


規模/構造

鉄骨造/地上2階

設計

Aray rchitecture


施工

-

敷地面積

1102.4 ㎡