目黒の住宅

都市のスローライフ

 

 
 

敷地は、目黒区の高級住宅地。周辺は高い擁壁の上にさらに塀が積まれ、閉鎖的な家々が続いている。この閉鎖性を保ちつつ、環境に開いた家が実現できないかと考えた。そこでボックスを南北方向にゲート状に解体し、さらに横と縦にずらして4つのゲートが連なった構成とした。道路と隣地がある東西をゲートの壁でプライバシー・防犯・遮音をとり、南北に開放的に連続する構成が生まれた。シンプルな構成でありながら、多様なつながりを生み、庭の木々や空を大きく取り込んだ、明るく拡がりのある家になる。ゲート間の縦横のズレは、空間を多層に交差させ、光と風を導き、部屋をまたいで視線が伸びていく。多方向に広がりのある空間に、家族のつながりを生み、環境とのつながりまで感じられ、都市のスローライフを支えてくれる器となる。


 

作品名

目黒の住宅

敷地面積

198.34 ㎡


所在地

東京都目黒区

建築面積

118.25 ㎡


主要用途

個人住宅

延床面積

169.50 m²


規模/構造

RC造/2階建て

最高高さ

7.4 m