高田馬場ビル

ビルの谷に生まれた土の塔

 

 
 
 

JR高田馬場駅から東に登った早稲田通り沿いの敷地である。ビルの谷間に間口がわずか5m程度、奥行き20m程度の細長い狭小地に、容積率一杯に10層のオフィスビルを計画している。自ずと塔状比は6を超えるため、構造上は杭の引き抜きに対して、バランスよく柱を配置することが必要になる。道路境界線から5m程度の位置に都市計画道路が規定されており、その範囲は3階以下、高さ10m以下の規制がある。そのため、この周辺のビルは、前面が低層の店舗、背後に中高層のビルと分離したような姿の建物が多い。1塔貸しを目指すディベロッパーの意向もあり、道路側の外装には関東ロームのブロックを積んだルーバー状のスクリーンを上層に行くに従ってスケールを変化させつつ、低層と中高層の一体感を引き出そうとしている。ビルの谷間に聳え立つ土の塔のように寡黙でありながら、親しみある表情をもつ街の塔を目指している。

作品名

高田馬場ビル

建築面積

91.69㎡


所在地

東京都新宿区

延床面積

730.78㎡


主要用途

事務所(店舗含む)

最高高さ

32m


規模/構造

S造/10階建て

設計

ASEI建築設計事務所