像Shirasu天然人造石包裹的洞穴一樣的房子

住人は、高温多湿な南九州の気候の中でも、エネルギーに頼らず、環境とつながりをもつエコロジーな暮らしを望んでいた。
土地の風を感じ、雨水を貯め、土いじりを楽しむ。そんな土着な生活だ。敷地は鹿児島市中心市街地から程近いシラス台地の上に広がる住宅地。そこでこの台地を形成する土、シラスを基にしてつくられたシラスブロックによる土着な家を考えた。 
シラスは耐火性・断熱性・調湿性・蓄熱性・軽量など他の地質にはない多くの特性をもっている。市内で普及し始めていた舗装用シラス平板ブロックの加圧成型技術を生かし、初めてシラスの建築用ブロックとの製作を試みた。外壁ブロックは、材料強度を確保するためシラスの配合を変え、内壁ブロックには吸放湿性を高めるためシラス原石を象嵌した。このシラスの性質は、同時にブロックに積層した記憶の表情として表れている。外周全体を内外中空層二重壁に積み上げた家はシラスの洞窟のような土に包まれた空間となった。 
この内外中空層二重壁が内部への熱負荷を軽減している。さらに内壁ブロックは仕上げのまま、家のどの部屋にも取り囲み、室内の湿度を調整している。よって内部は夏はひんやりと涼しく、冬は暖かく年間を通して安定した温熱環境となっている。台地に蓄積された地下資源のエネルギー性能をブロックへ再生することで、環境循環型の新しい空間を提案した。

Shirasu has many characteristics not found in other geology such as fire resistance, heat insulation, moisture conditioning, heat storage property, light weight etc. Taking advantage of the press molding technology of the Shirasu flatbed block for pavement which started to be popular in the city, I attempted to make it with the building block for Shirasu for the first time. In the outer wall block, in order to ensure the material strength, the blending of shirasu was changed, and the inner wall block was inlaid with shirasu rough stone for enhancing moisture absorbing and releasing properties. The nature of this shirasu appears as a facial expression of memories laminated at the same time to the block. 

The house with the whole outer periphery piled up on the inner and outer hollow layer double walls became a space wrapped in soil like the Silas cave. 
This inner and outer hollow-layer double wall reduces the heat load to the inside. Furthermore, as it is finished, the inside wall block surrounds any room in the house, and the humidity in the room is adjusted. Therefore, the interior is cool and cool in the summer, warm in the winter and has a stable thermal environment throughout the year. We proposed a new space of environment recycling type by regenerating the energy performance of underground resources accumulated on the plateau to blocks.